はじめての家づくり

高品質と信頼の理由

大手ではないall housingの品質が、大手メーカーと同等な理由

製品

キッチンやトイレなどの水廻り機器、柱などの建材、窓・玄関ドアなど…

大手メーカーもall Housingも地場の工務店も、自社製品でない限り、全く同じ製品を使用しています。LIXIL、タカラスタンダード、TOTO、YKKAP etc…。採用可能なブランドを確認することが重要です。

施工

基礎工事、大工、外装工事、内装工事など…

大手メーカーもall Housingも地場の工務店も、施工は同じ施工店が行っています。
複数のメーカーの施工を担当している施工店がほとんどです。

価格

設計業務料、製品の価格、施工費など…

大手メーカーは、施工数が多いため、製品の低価格が実現。
しかし、設計業務料や施工費は一概には言えません。

保障

ここではメーカーが提唱する20年保証や60年保証などを指します。

住宅メーカーの「保証」とは多くの場合が施工に限ります。しかし、その保証範囲はとても狭く、著しい施工不良でない限り有償となってしまいます。多くのメーカーが提唱する20年保証や60年保証とは、信頼を得るための宣伝です。保証があってもなくても修理費は変わりません。『施工した会社で修理をする』ことが最も低価格で済む方法です。『保証の有無』は重要な点ではないのです。

低価格のしくみ

all housingがローコストを実現できる理由

出会いからお引き渡し、
そしてアフターメンテナンスまで。


01 お客様とオールハウジングの出会い

まずはオールハウジングのお住まい相談会にお申込み頂き、オールハウジングにお越し下さい。 構造や工法、仕様などオールハウジングの家づくりを分かりやすくご説明します。

02 土地お探し隊のお申込み

まだ建設地が決まっていない方には、オールハウジングが土地探しをお手伝いいたします。お客様のご希望に合った、最適な敷地をご提案させていただきます。

03 現場見学会や資金計画のご相談

オールハウジングの建築現場のご見学や資金計画のご検討をしていきましょう。

04 設計・詳細お見積もりのご依頼

建設地がお決まりになり、オールハウジングの家づくりをご理解頂けましたら「家づくり計画・企画設計詳細見積」をお申込みください。 お住まいに求めるもの、趣味のことやご希望のデザインなど、たくさんお話しを聞かせてください。

05 プレゼンテーション

設計・詳細お見積もりのお申込から、いよいよプランやデザイン、詳細お見積のプレゼンテーションです。 平面図・立面図・外観パース・配置外構植栽計画図・プレゼンボード(各設備・照明・カーテン)・詳細積算見積書などで プレゼンテーションをさせていただきます。

06 プランお見積の確定

プレゼンテーションから何度かプランやお見積もりの変更お打合せをさせていただき、プランとお見積もりの確定になります。

07 工事請負契約の締結

プランとお見積もりが確定しましたら工事請負契約を締結していただき、建築確認申請の手配をさせていただきます。

08 地盤調査

確定したプラン、配置図を元に地盤調査をさせていただきます。 オールハウジングでは、一般的なスウェーデン式サウンディング検査と同時に土質の調査も行います。 万が一、地盤調査の結果が悪い場合は、必要に応じて地盤改良工事を行います。地盤調査の結果報告には20年の地盤保証が付きます。

09 仕様のお打合せ

屋根や外壁、設備や内装などの仕様をお決めいただきます。キッチンなどの設備は事前にメーカーのショールームに足をお運び下さい。 基礎工事の着工2週間前までにお決めいただきます。

10 地鎮祭

神主さんに来ていただいて、工事や完成したお住まいの安全を祈願します。

11 着工・上棟

いよいよ工事の着工です。基礎の配筋・構造躯体の第三者検査を受けます。 工事請負契約から基礎工事の着工まで約1ヶ月〜1ヶ月半くらいです。

12 完了検査・竣工

建物の完成です。行政の完了検査や給排水などの検査を受けます。

13 現場での器具取扱いのご説明

設備の使用方法や、漆喰・無垢材などのお手入れの方法などをご説明させていただきます。 ファイリングされた取扱説明書・保証書をお渡しします。

14 お引き渡し

お住まいの完成お引き渡しです。基礎工事の着工から約5ヶ月くらいです。

15 アフターメンテナンス

建物は10年保証、地盤は20年保証が付きます。 お引き渡し後、3ヶ月、1年、2年、5年、10年と定期点検にお伺いします。 定期点検の時期が来ましたらオールハウジングからご案内のお手紙を郵送させていただきます。